世界中で利用されているビットコイン

日本ではネガティブなニュースが先行したせいか、ビットコインはあまり利用されていないのではないかという先入観があります。
ところが、世界では、日本国内とはまったく違った様相を呈しています。
ビットコインが開発された当初、利用していたのはITの専門家や一部のマニアだけでした。
利用者がどんどん増えるに従い、大手の事業者も目をつけ始め参入したのです。
それによって一気に利用者が増え始め、ITなどとは関係のない一般ユーザーも利用し始めました。
便利で手軽だということでどんどん利用者が増えた結果、開発からわずか4年ほどで流通量が10億ドルを突破したというのですから驚きです。
これほど多くの人が利用しているのに、なぜ日本ではあまり取り上げられないのでしょうか。
ビットコインは、どの国の通貨とも交換することができます。
インターネット上にある取引所を通せば、銀行などの手数料よりずっと安価な手数料で購入や送金をすることが可能です。
日本語対応の取引所も増え始め、日本国内で利用されている方も増加の一途をたどっています。
このことを知らないままでいたとしたらもったいない話です。
アカウントの開設は手軽で利用方法も手軽です。
今からでも、利用を始めてみてはいかがでしょうか。