キャッシングの利用契約で総量規制後の審査基準はどうなったか?

テーマの説明をするにはまず、総量規制とはどんなものか記しましょう。
これを知らなければ、話が前へ進みません。
この、総量規制という法律は、お金を借りようと金融機関へキャッシングなどの契約をする場合、年収の1/3以上のお金を借りられない・それを超えての借り入れができなくなるというものです。
この法律は、お金を借り入れる人を護る目的のものですが、それによって利用申請の審査が厳しくなりました。
それは、厳しくなったというよりも、どの金融機関でも特定の信用機関を通して、審査をしなければならなくなったからです。
そのため、利用申請する金融業者が違っても、審査する側の利用する情報が同一のものとなります。
だから、どこの金融会社へ利用申請しようと、結果はほぼ同じなのです。
さて、ほぼ同じと記しました。
これは、総量規制後は、金融業者の審査へ相違点が少なくなったということです。
相違点が少なくなったということで、基準が同一ということではありません。
各金融機関では独自の審査方法を重視しているので、現在の借入額が規制額を超えてなければ、審査をパスする余地は十分にあります。
まずは、利用申請してみることです。
http://www.cafe-charm.com/?caf=2