静岡市立清水病院では、認定看護師の資格保持者が増えています

静岡市立清水病院の看護部には病院に勤務する看護師や保育士、看護補助員や助産師が所属し、チームとして病院を支えています。
地域の基幹病院として本当に頼りにされている病院です。
その病院で24時間働いている看護師は、患者と直接接する機会がとても多く、地域からの信頼を得られるかどうかを左右する部署の一つという高い認識の下、日々お仕事しています。
静岡市立清水病院としても、地域の方々から信頼を集めるためには、看護師の技量向上が重要と考えています。
それで所属する看護師には認定看護師の資格を目指すよう励ましているのです。
多くの看護士がこの目標に真剣に取り組み、各科で認定看護師の資格保持者が増えており、そのことが刺激となって他の看護師も認定看護師の資格取得を目指して日々努力すという好循環が見られます。
救急医療スタッフの充実、災害拠点病院として地域住民との積極的な連携は、静岡市立清水病院の重要な役割であり、この面で看護師の果たす役割は大きいです。