損害賠償手続きに重要な後遺障害

交通事故に遇い後遺症が残る場合がありますが、そのまま何の手続きもしなければ自賠責保険が受けられない場合があります。
それは、後遺症が自賠責保険を支払う上でどの程度の状態であるかの認定を受ける必要があるからです。
後遺症のうち、どの程度の状態であるかの等級の認定を受けたものを後遺障害といいます。
その定義は、交通事故によって受けた精神的・肉体的な傷害が将来回復の見込みがない症状固定状態となって、その因果関係が交通事故であることが医学的に認められること。
そして、労働能力の喪失や低下を伴い、その程度が自賠法施行令の等級に該当するものとされています。
損害賠償は、事故が起こった直後のケガの治療費などの費用と時間が経って症状固定状態以降の後遺障害にかかる費用は別々に請求することになります。
交通事故に遇い後遺症が残った場合、医師に症状をきちんと記載した後遺障害診断書を書いてもらうことが大切です。
何故なら、その診断書を元に障害の等級が決められ、損害賠償額が決定されるからです。
http://www.jiko-soleil.jp/105/10520/