四季折々の食材が楽しめるから季節ごとに通いたくなる和食のお店

麻布十番のかどわきでは、四季折々の最高級食材を使った目にも麗しい、美しくて素材の味が楽しめる美味しい料理が並びます。
だからこそ、季節ごとに通いたくなる風情ただようお店なのです。
春には「飯蛸と筍の木ノ芽和え」や「桜海老と筍の飯蒸し桜葉添え」が絶品です。
ふんわりを柔らかく炊いた蛸は上品な旨味が染み渡り、筍の食感を活かしたサクサクとした歯ごたえの甘い筍がアクセントを添えます。
桜海老は彩りも鮮やかでかりっと香ばしく、磯の香りと旬の筍の風味が口いっぱいに広がり、桜の葉が春らしさと爽やかな香りをプラスしてくれます。
夏には「夏野菜と鯛の山椒和へ重ね盛り海ぶどう添え」や「唐もろこしの茶碗蒸しフォアグラソースと蟹・岩茸・芽ねぎ」がおすすめです。
重ねられた海の幸や山の幸の豪華さや唐もろこしの甘みを生かした、珍しい茶碗蒸し葉滑らかなうえ、コクのあるフォアグラやトリュフとの相性も抜群です。
冬には「丸大根ルクチェ重ね焼き白子あんトリュフ添へ」などの贅沢なメニューが並びます。
カツオ出汁で炊いてから焼いた手間のかかった大根に、焼いた洋梨を乗せ、白子のソースと刻んだトリュフを乗せた贅沢な一品は、かどわきの大人気メニューです。