定番方法がしっくりきます

スマートフォンを持つ人が多くなり、情報のほとんどをインターネットから集めるようになった今でも、週末の競馬予想はこれがないと始まらないという人はまだまだ大勢いるのではないでしょうか。
それが、週末に発売される競馬新聞です。
いくつか異なる名前で週末のレースを予想する新聞が発売されますが、長年愛用してきた新聞の文面はどうしても見やすくなっているので、一度これと決めたら、ほかのものがには浮気はしないという人がほとんどです。
そのため、もし売り切れになっている場合は、同じ馬や、同じ騎手の情報が掲載されているといっても他の新聞を買う気にはなれず、手に入れられそうなところへ移動してでも、いつも愛用している新聞を買うことにする人が大多数です。
その理由は見やすさにあります。
慣れていると見やすくなり、読むスピードも上がりますから、情報分析にかける時間がそれだけ多く取れます。
競馬予想は情報収集が命と言ってもいいので、できるだけ早く情報を集めて、そして分析する作業に移る必要があるわけです。
それなのに慣れない新聞では、読むのに時間がかかってしまいます。
競馬予想は新聞片手に行うのが習慣という人にとって、新聞という媒体が譲れないのと同様、慣れて読みやすい新聞にすることも譲れない条件なのです。