男性と女性で違う梅毒の初期症状

梅毒は医療の進歩によって昔ほど怖い病気ではなくなりました。
特に薬に関してはペニシリン系の薬の効果が凄いという事もあり、初期段階ならそれほど負担にならずに完治する事ができるようになっております。
しかし、効果の強い治療薬だからこそ副作用も理解しておく必要があると思います。

アモキシシリンはこの性病の際に服用される方も多い薬ですが、強い抗菌作用によって、腸内の細菌バランスが乱れてしまうという副作用もあります。
その為るため下痢になってしまう方もいます。
特に小さいお子様が服用するような場合には便が軟便になりやすいので注意が必要になります。
単なる下痢でしたらある程度、対処する事は可能ですが、あまりにも長く続いてしまったり、血便が出るような場合には医師に相談するようにしてください。

また、同じような効果のあるアンピシリンの副作用にも注意が必要になります。
滅多な事では起きませんが、血液障害や腎不全、大腸炎、アナフィラキシーショック、皮膚障害などの副作用が起こる場合もありますので、体調の変化には十分に注意してください。

梅毒はとても恐ろしい病気です。
もっと詳しく知りたいという方、自分が梅毒の疑いがあると感じた方は自宅で楽々検査が可能な性病検査キットを利用するのがおすすめです。